tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

イベント

大黒さま祭りは5月。神楽坂駅から徒歩5分

 

東京都新宿区の神楽坂、赤城神社近くの真清浄寺は5月3週目の二日曜日辺りに大黒さま祭りを行います。2018年、今年は5月20日です。神楽坂だと弁天さんや赤城神社が有名ですが、神楽坂近辺で七福神巡り好きには、ご存知のスポットです。

スポンサーリンク

神楽坂真清浄寺の大黒さま祭り

神楽坂真清浄寺の大黒さま祭りは、大黒様に御法水をかけ、開運を賜る行事なのです。おそらく、日本各地の大黒様がこのころお祭りをされているんです。

大黒さまにご法水(ごはっすい)をかけさせていただき、海運を賜る行事なんですね。もし、ご自宅に大黒様をお持ちであれば、ご法水をかけてお清めくださるそうですよ。

大黒様は幸せがいっぱいの方。何せよ、幸せの袋をお持ちなのです。大黒様(大黒天)は、福の神。商売の神、金運の神とも知られていて、もともとは、ヒンドゥー教のマハーカラーで闘いの神様でした。それが中国で台所の神様へと変化し、密教を通じて日本に伝えられたのです。

明治期に創業した銀行では、毎朝、全銀行員が商売繁盛の神様でもある大黒様にお祈りし、貯蓄の習慣を暮らしに定着させたと言われています。それは、大黒様の「節約・地道にしっかり蓄える」という教えによるもの。今も宝くじや祈願、一部企業・商店でも蓄財の大黒信仰されています。

 

タイムスケジュールは?出店は?

午後 1:00~大黒天神法要
午後 1:15~御法水かけ行事
午後 1:45~大黒さま物語&アンサンブル・アンビエンスとの音楽コラボ
午後 2:05~小休憩~
午後 2:15~大黒さまファミリーコンサート
午後 3:15~大黒福引き祭り
ご法水は午後 4時まで体験できます。

開催内容もコンパクトですが、今年は、「モヤモヤさまぁ~ず」でも崩壊されたロティ専門店グータラカフェ(gootara cafe)が出店予定だそう!しかも、ローティ無料チケットが抽選で当たる!って、ローティ無料ってなんだろう…。

午後 2:15~大黒さまファミリーコンサートは、懐かしのメロディ&クラシック。生演奏を楽しむいい機会ですね。クラシック好きな方も、生音好きな方も楽しめます。

やっぱり、気になるのは…午後 3:15「大黒福引き祭り」特等の手彫りの大黒様を頂戴できるかも!トップのチラシの隅に「大黒福引」福引引換券がついています。他にも何か頂戴できるらしい。参加者全員に福が来る!あやかりたいわ…お仕事がなければ、伺うのに…。

スポンサーリンク

 

真清浄寺は支援、ご先祖の供養もお願い

神楽坂真清浄寺では、スリランカに小学校を建設。日本とスリランカの両国がともに発展していくこと、学費が払えない子供たちのために建設したのです。日本では識字率も高いので、あまり問題にされませんが、他国ではまだまだ識字率は高くありません。世界では母国語でさえ読めない方は多く、7億人以上いらっしゃるのです。その中でもスリランカはwikipedeiaによると92.5%の識字率を誇ります。

ご先祖ののご供養をご希望される方は、宗旨・宗派がわからなくても真清浄寺でご供養してくださいます。お墓が遠くにあるとか、何かしらご供養できていない方、気にはなっているけれど、時間が経ってしまったという方、みんなのお願い寺である真清浄寺でお願いしましょう。

参加冥加料は1,000円になります。豆大黒天を授与くださるそうで、可愛らしいサイズです。ご先祖様のお塔婆供養も頂戴できます。冥加とは、気がつかないうちに授かっている神仏の加護恩恵に対するお礼なんですって。いわゆるお布施ですね。お礼って日ごろから思っていても伝えきれないもの。これも何かのご縁ですね。

 

神楽坂真清浄寺、6月は人形供養

今年は、6月17日の日曜日午後1時から、真清浄寺本堂で行います。叔母がお願いしたこともあり、とても助かります。お人形って、普通に廃棄することもとても悲しい気持ちがしますし、だからといって、巣立っていた子供と一緒にお人形も巣立ってほしい、という思いもあります。お人形はわが身の代わりだって、言ってました。

ひな人形や五月人形などお子様が巣立っていったことで、処分される方。最近では、住宅事情もあって置けない、という方もいらっしゃいます。人形供養料は人形のみであれば、7,000円くらいですが、ダンボールの大きさによって人変わります。ダンボールノ3辺が70cmまででしたら、2000円です。ガラスケースや段付きだと10,000円くらいです。

目安は…
3辺の合計が70cm以内は2,000円です。
100cmまでは 3,000円
140cmまでは 5,000円
160cmまでは 7,000円
これ以上は、10,000円になります。

五月人形は段+ガラスケース一式10,000円になります。

郵送での受付はできないので、ご了承ください。また、やっぱり返して!とか、お預かりした人形等はご返却不可です。その件も、ご了承くださいね。

 

大黒さま祭り

住所: 東京都新宿区西五軒町1?12
電話: 03-3260-0972

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

関連記事

阿蘇神社火振り神事、2019年は?

2018年は3月17日に開催されました。火振りが行われるのは19時頃からです。火振りは誰でも参加できますが、参加する場合は、18時から行われる説明を受ける必要があります。阿蘇神社の火振り神事は、201 …

霊山神社春季例大祭は毎年いつ?舞を楽しむ

  建武の親政以降南朝側の北畠家を祭神とする神社です。北畠顕家が父親房と共に国府を霊山に移したが、その地で足利軍に破れ没しました。その後明治時代になって、健武の親政に尽力した事によって国府の …

伊陸天神祭は地元の必須イベント。食べたいお店はどこ?

      お祭りのある氷室亀山神社は、伊陸の中では一番大き な神社なので、誰もが知っています。伊陸の雰囲気を 楽しみたい方には本当におすすめのお祭りです。氷室 亀山神社 …

毎年10月は新宿でイベント盛りだくさん、ご存知ですか?

毎年10月、新宿で色々なイベントが行われます。10月1日は都民の日でもあり、色々な施設が無料だったり、新宿区のイベントでは、お子様やご家族、お友達と楽しめるイベントが、このひと月でたくさんあちらこちら …

豊中まつり、2019年は?帰りにお気に入りのパン屋さんにも寄ります。

スポンサーリンク 曽根で生まれ、曽根で育ち、結婚後も曽根で暮らしています。地元のお祭りとして、毎年楽しみにしています。学生の頃、友人や恋人と一緒に露店を回るのも楽しかったですし、結婚して家族と子ども連 …