tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

四万温泉は名湯、金額は?泉質は?アクセスは?

関東の名湯、上州群馬の四万温泉の紹介です。既に、我ら熟年夫婦は何度も訪れておりますが、この温泉場だけは何時行っても心癒され、旅心を満足させてくれます。 我らは、関東地区の神奈川県にすむものですが、実際に東京・首都圏からも近く、関越道の渋川伊香保ICから中之条方面へ向かいますと、凡そ10数kmのところであります。

スポンサーリンク

 四万温泉は最高の名所、金額は?

平日は勿論、土・日曜日でも温泉旅行としては最高の場所ですと確信します。ところで、上州の温泉というと誰しも歌に唄われている名湯・草津が極めて著名ですが、此方の四万温泉、上州三名湯の一つであり、あの階段で有名な伊香保とともに昔から三名湯とされているのです。

こちらは中の条より数キロ山間に入った鄙びたところで、所謂、草津や伊香保のような歓楽的な要素は全く無いのです。 ただ、大自然の中にスッポリと収まった、実にのんびりした落ち着いた風情と雰囲気を感じさせてくれる温泉場なのです。

そしてこの温泉ですが、実は、泉質的には草津などとは異なった柔らかい温泉で、何より四万温泉は昭和の時代に既に、国民保養温泉地の第一号に指定されている温泉でもあるのです。

常に我らが世話になる宿屋は積善館といって、この旅館は入口の四万川に架かる朱色の慶雲橋というこれまた風情ある橋を渡るのです。すると、別世界に入り込んだような感覚にもなるところで、昔ながらの老舗の木造建築が迎えてくれるのです。ただし、古いばかりではなく、近代的なホテルも併設して同敷地内あります。

温泉は、川原から自然の湧出しているという正真正銘の本物の温泉であり、浴室は現代遺産と言われる元禄の湯に露天風呂、それに岩風呂などの各種浴槽もあり、ゆっくりの温泉気分が満喫できる所です。料金的にも本館木造の建物で、7,000前後(2食付です)と格安なのが実に宜しいのです。

 

 四万温泉の泉質は?

この四万温泉の「積善館」という旅館の温泉は、近くの四万川の河原から自然の湧出している天然の温泉であり、昔から由緒正しい効用がある本物の温泉と言われています。 沢山の温泉浴槽が有る中の其の中でも「元禄の湯」というの、浴室、浴槽は現代の遺産とも言うべき歴史を持った浴室を形成していてその名を付けています。

その他にも自然の中の大露天風呂や岩風呂などの各種の温泉浴槽もあり、各種の温泉浴槽に漬かって、ゆっくりのんびりと温泉気分を味わい、心身ともに大満足できる所になるのです。

宿泊料金も、建物そのものは近代的な建物など数棟有りますが、其の中でも本館と言われる木造の建物は見るからに歴史を感じるある古い2階建ての建物で、一泊2食付で10,000円以下で泊まれるという実にリーズナブルなのが嬉しいのです。

スポンサーリンク

ところで、上州の群馬県は温泉県、温泉天国ともいわれていいますけど、同県内には誰もが民謡や歌などの草津節でも唄われているご存知の名湯・草津温泉が有名ですが、こちらの四万温泉は上州の3名湯の一つとも言われ、他にはあの階段のある風景でおなじみの温泉地で知られる「伊香保温」泉とともに、古来より上州三名湯と言われているのです。

そして、四万温泉の温泉としての肝心の泉質ですが、此の泉質というのは草津温泉などの強酸性といわれる酸性の強い温泉、即ち、硬派の温泉とは異なって、無色透明のサッパリしている肌にも柔らかい温泉であり、其れに、何と言ってもこの温泉自体はは昭和の初期の時代に環境庁が特別に国民全体が温泉保養が楽しめるようにと「国民保養温泉地」の第1号に選ばれている温泉なのです。従って、成分や泉質、湧出量などを比べた場合は由緒正しい温泉であることが判ります。この四万温泉は、

 

 四万温泉のアクセスは?

東京からの高速直行バスもあります。直行バスなので、東京から乗換なしなんです!関越交通運行の高速バス「四万温泉号」は、往復5,100円、片道3,100円でした。自分で運転するとなると、冬の時は、雪道とか親愛ですよね。でも、直行バスなら安心です。しかも、安い!

自家用車をお持ちの方は、東京・栃木・東北方面から関越自動車道渋川伊香保IC下車、国道17号、353号経由で約1時間程度。高速を降りて、新潟・沼田・中之条方面に進み、約10分で国道17号を左折、国道353号、中之条・草津方面に入ります。

新潟・北陸方面から関越自動車道月夜野IC下車、国道17号、赤根峠、国道145、353号経由で約1時間程度。高速を降りて、新潟方面に進み、約10分で国道17号を左折し、赤根トンネル経由で国道145号に出ます。

長野・東海・関西方面から上信越自動車道上田菅平IC下車、国道144、145、353号経由で約2時間程度。もしくはm¥、上信越自動車道碓氷軽井沢IC下車、中軽井沢経由、国道146、145、353号経由で約2時間程度だと思います。冬は閉鎖しているので、気をつけましょう。

上信越自動車道信州中野IC下車、滋賀草津高原ルート越え、草津温泉経由で約2時間半と考えるところですね。中之条の市街地に入ると安心です。ここで草津方面と四万温泉方面の分岐を右折、四万温泉方面に進みましょう。

 

 まとめ

地理的には関東圏という実際に首都圏や東京都内やからも極近いところにあって、首都圏、東京方面からは勿論、新潟方面からの交通も車を使えば関越高速道の渋川伊香保ICから草津・中之条方面へ向かうと、そうですね10数kmのところに当たります。 従って、極近いところでは日帰り入浴も可能でし、土曜日、日曜は勿論のこと、平日でも家族連れの温泉旅行としては、実に最高の所といえるでしょう。

スポンサーリンク

-温泉
-, ,

関連記事

上林温泉の塵表閣で初の混浴を試してみたい?

スポンサーリンク あまりポピュラーではありませんが、すごく魅力的な温泉、長野県の上林温泉に1泊2日で12月上旬に行ってきました。ここでは都会ではなかなかできないことが体験できるのでぜひ紹介したいと思い …

北海道の駒温泉は日帰りでゆったり。

スポンサーリンク   とにかく秘湯というイメージがぴったりの温泉です。湖と水位と露天風呂の水位が連動します。季節によってはかなりお湯が少なめになることもありますが、これもまた天然温泉ならでは …

別所温泉の共同浴場はどうお得に楽しむ?電車でもお得。

スポンサーリンク 長野新幹線の開通で、都内からのアクセスがグッと近くなった長野県は上田市にある、お得に入れる日帰り温泉を紹介します。上田市には安く温泉を楽しめる共同浴場が複数あり、その中でも交通の便も …

城埼温泉は外湯が定番?注意することは?

スポンサーリンク 城埼温泉に、2018年8月に家族で旅行として楽しみました。兵庫県の最北部に位置する温泉街として、名高い城埼温泉は、多くの人で賑やかです。1泊2日の日程で旅館に宿泊して、城崎の街を堪能 …

金太郎温泉は日帰りでもTHE温泉を楽しめる。

私が住む地元魚津市の金太郎温泉には、年に数回行っています。といっても、私の場合は泊まりではなく日帰り温泉です。銭湯感覚で入浴のみのこともありますし、町内会や会社関係の新年宴会に行くこともあります。旅館 …