tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

対岳荘の日帰り温泉お得に、お肌しっとり。初夏も堪能

険しい山々を間近に見ながら目の前に次々現れるカーブにハンドルを取られない様、神経を集中させながら旧東海道を登り降りする事になる箱根の山中。まさに天下の険というに相応しい風景ですが、その急坂の中に人気のある温泉街が急に現れると、なぜかホッとするものです。

 

スポンサーリンク

対岳荘、お得に楽しむには?

箱根湯本から国道1号最高点に至るまでの山間には、大平台や宮の下を始め、幾つかの有名温泉街が存在しています。とは言え駐車スペースも少なく、私も大抵はそれらのスポットを素通りし、更に奥地へと目指していたものでしたが、去年の夏、たまたま本来の目的である写真撮影を早目に終えられ、渋滞が始らないうちに小田原まで降りようと坂を下っていたところ、目に付いたのが大平台温泉の入口近く、対岳荘の日帰り温泉のノボリでした。

これまでは特に意識もせず只通過するだけだったのですが、ちょうど汗も疲れも溜まっていたという事もあり、せっかく時間に余裕があるのだから少しお湯に浸かっていこう!と決め、左折。広めの駐車場に滑り込んだのでした。意外と駐車場も広く、宿泊施設とあってフロントや待合室も清々しく清潔そのもの。呼び鈴でスタッフを呼び出すとテキパキと浴場の場所を案内してくれました。

入浴料は箱根としてはかなり珍しい1,000円切りの770円。お得感一杯に温泉を楽しむ事が出来ました。温泉博士という雑誌はご存知ですか?持っていくと、どうやら無料になるらしいです。嬉しいですね。お安いですけど。入湯料1,000円以内の温泉であれば無料なんです。もちろん、おひとり様1冊ご持参くださいね。

 

対岳荘はお肌が実感

正面建物をしばらく奥へと進み、階段で下の階に降りればすぐに大浴場の入口が現れます。更衣室に入るとこちらも静か。土日でもあまり日帰り客は訪れない様で、着替えから大変リラックスして出来ました。大浴場は大きな内風呂X1という構成。ただ源泉は一部掛け流しの様で、常に浴槽の一部からお湯が溢れ出しています。

そして浴槽よりも特徴的で目を見張ったのが一面ガラス張りの外壁面。窓の外には北に広がる険しい箱根外輪山や宮の下・強羅にかけての山並み、早川沿いの深い渓谷がパノラマとなって広がり、雄大な気分にさせてくれます。お湯は体感41度ちょっとと少し熱めの透明感ある硫酸塩泉。

スポンサーリンク

箱根では決して珍しくは無い泉質ですが、ほんのり香る温泉の匂いと、勢い良くお湯がほとばしる給湯口が温泉情緒を掻き立てます。他に客も全くおらず、しばらく大の字になって入浴していたのですが、程良いお湯の熱さが寝落ちを防いでくれ、十分にお湯の素晴らしさを堪能出来ました。10分置きにお湯から上がり、冷水を浴びてクールダウンしつつ窓の外を眺めていたのですが、窓のすぐそばにある木々の間をアゲハ蝶やタマムシが飛び回るのが見え、まさに夏本番の雰囲気。

しばし童心に帰り、その美しさに見とれてしまっていました。ボディウォッシュを含め1時間ちょっとの入浴時間でしたが、その間に新たに入ってきた客は親子連れ1組のみ。露天風呂にこだわらず、混雑を避け伸び伸び箱根の湯を楽しむなら、対岳荘という選択肢は最高かも知れません。温泉からあがっても、化粧水が要らないくらいしっとり、と女性陣が話していました。露天風呂はないので、あしからず。

 

対岳荘、他には?

大平台温泉はいわゆる箱根17湯のうちの一つ。更に奥に位置する宮の下温泉と比べれば歴史も浅く、大規模な温泉施設も少ないという事で知名度は一歩劣るという形ですが、この様な掘り出し物的な温泉施設を発見する楽しみは十分あると思います。地元に密着したお湯や旅情溢れる宿等、大平台温泉の本当の楽しみは、むしろ対岳荘の位置から更に少し下った中心街の方にあると思います。

ちなみにお正月の恒例行事・箱根駅伝もこの大平台のど真ん中を各ランナーが駆け抜けていきます。選手の応援も兼ね、余裕を持って宿を予約してみるのも良いのではないでしょうか。先に書いた通り、塔の沢から大平台、宮の下にかけての温泉街は周囲の地形が険しく、大規模な駐車スペースを確保している温泉宿や日帰り温泉施設はかなり限られますから、注意が必要。

このエリアの温泉を堪能するなら、むしろ他のエリアやスポットへの交通利便性を捨て、箱根登山鉄道やバスのみで訪れる計画を立てた方が良いかも知れません。今回訪れた対岳荘の日帰り温泉は、元が宿泊施設という事もあって時間制限があり、正午から16時前後までと比較的短いもの。訪れる際は時間帯に注意し、上手く帰路のスケジュールに組み入れられる様にした方が良いでしょう。

 

まとめ

かなり急峻な地形の中に存在する対岳荘の日帰り温泉。その分窓の外にはすぐに迫力ある風景が広がり、緑の木々もごく近くに眺められます。内風呂だというのに、まるで野天風呂の様に身近に自然を実感出来る浴場というのも、中々珍しいのではないでしょうか。箱根の自然にリーズナブルに、かつ気持ち良く癒されたいという欲求があるのなら、一度は訪れて損の無い入浴施設と言えるでしょう。

スポンサーリンク

-温泉
-, ,

関連記事

蓬平温泉、人気旅館は日帰りは?アクセスは??

スポンサーリンク 新潟県は森林と山が多く、ありとあらゆる温泉で紅葉が楽しめます。多くの施設が絶景をバックとした露天風呂を持っているのも、大きな魅力です。その中で「蓬平(よもぎひら)温泉」は隠れ宿的存在 …

城崎温泉の外湯?移動は?世界の豊岡って?

  スポンサーリンク 2018年8月下旬、一泊二日の日程で彼女と城崎温泉に行きました。城崎温泉は外湯を売りにしていて、お客様の外湯めぐりを促すために、周辺のホテルには大浴場を作ってはいけない …

別所温泉の共同浴場はどうお得に楽しむ?電車でもお得。

スポンサーリンク 長野新幹線の開通で、都内からのアクセスがグッと近くなった長野県は上田市にある、お得に入れる日帰り温泉を紹介します。上田市には安く温泉を楽しめる共同浴場が複数あり、その中でも交通の便も …

箕面の大江戸温泉物語はいつでもお祭り気分

スポンサーリンク 箕面の大江戸温泉物語に10月中旬頃に行きました。箕面は山が近いからかかなり寒く感じられ、温泉に入るには良い気候でした。社会人になって親に感謝の気持ちを伝えたくて、親の結婚記念日に家族 …

天山湯治郷は大人も子供も楽しめる。アクセスは?

スポンサーリンク ドライブ最後のお楽しみとして日帰り温泉に入ります。紅葉の季節9月~10月は箱根の「天山湯治郷」が大好きです。温泉に行く道・温泉・帰り道と紅葉を満喫することが出来ます。 スポンサーリン …