tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

イベント

越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭は日本三大奇祭の一つ

 

江戸時代のベストセラー「北越雪譜」にも記載されたとても歴史のあるお祭りです。日本三大奇祭の一つと言われ、平成16年に文化庁より「記録作成等の措置をすべき無形の民族文化財」に選択され、約1200年の歴史があります。我先に毘沙門天に除災招福を拝もうと集まり、多くの民衆が押合い始めたのがきっかけだそうです。また、1本 重さ約30~50キログラムもある

スポンサーリンク

 越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭は濃度濃い

大ローソクを使用することから「大ローソク祭り」とも呼ばれています。平成30年3月に、国から重要無形民俗文化財に指定されました。水行の見える水がめの近く、または本堂入り口付近で見るのがおすすめです。とにかく寒いですので防寒をしっかりしてお楽しみください。とにかく勇壮かつ迫力満点です。さらし姿の男衆が「さんよ、さんよ」の掛け声とともに押し合

い、高い所に祀ってある毘沙門天を誰よりも早く近くで参拝しようと押し合います。本堂の中は熱気と身体からの湯気で幻想的な空間となります。私は祖父が若い頃、家族の健康と安全を願うためにこのお祭りに参加していたことを聞き、行ってみました。当初1時間くらい見たら帰ろうと思っていたのですが、あまりの迫力に引き込まれ18時から22時まであっという間に

時間が経っていました。是非実際に目にしていただきたいと思います。開催日は3月3日ですが、2日間満喫できます。皆様にも掛け声に馴染んでほしいので、お目通しくださいね。

「さんよ節」
越後うらさの毘沙門さまは、 国の宝よ福の神サ
三月三日の深雪の中で、裸はだしの押合い祭り
ハア、サンヨ、サンヨ、サンヨ、サンヨー

かっこいいです。誇りに感じます。

 

流れは?

2019年3月2日(土曜日):前夜祭
2019年3月3日(日曜日):大祭当日

●3月2日:前夜祭
午後 6:00 前夜祭開始
7:00 御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
7:40 大ローソク献火式(境内)
7:50 多聞青年団水行 幹部・年男
8:30 福餅撒与(境内)

●3月3日:大祭当日
(昼の行事)
午前  8:30 第1回御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
9:45 稚児行列(お国自慢会館出発)
10:00 小学生鼓笛隊演奏(浦佐駅前)
10:15 稚児行列御堂入り(境内)
10:20 講中福餅運搬 大八車(浦佐駅前出発)
10:45 第2回御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
11:00 第1回福餅配与(境内)
11:15 第1回福餅撒与(境内)
11:30 第2回福餅配与(境内)
11:45 第2回福餅撒与(境内)
午後  0:30 第3回御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
0:45 第3回福餅配与(境内)
1:00 第3回福餅撒与(境内)
1:10 大名行列(浦佐駅前出発))
1:50  〃 御堂入り(境内)
2:15 第4回御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
2:45 第4回福餅配与(境内)
3:00 第4回福餅撒与(境内)
3:00 第5回御前立本尊御開帳護摩法要(堂内)
3:15 第5回福餅配与(境内)
3:30 第5回福餅撒与(境内)

スポンサーリンク

(夜の行事)
午後  5:00 ねこしき(堂内)
5:20 多聞青年団水行参拝・豊年踊り
5:40 ローソク講中水行・参拝
6:10 中学生水行参拝~押合い
6:30 撒与者水行(第1回福物・弓張撒与者)
6:40 一般参加者水行参拝・押合い開始(堂内)
7:00 第1回福物撒与(撒与品・・穀種、金盃) (堂内))
7:00 第1回御供物弓張撒与・4張 (境内)
7:30 撒与者水行(第2回福物・弓張撒与者)
7:40 一般参加者水行参拝・押合い
8:00 第2回福物撒与(御盃2・坂上田村麿呂盃・JR盃他)(堂内)
8:00 第2回御神酒弓張撒与・8張 (境内)
8:30 撒与者水行(第3回福物・弓張撒与者)
8:40 一般参加者水行参拝・押合い
9:00 第3回福物撒与(堂内)
撒与品・・金盃2・銀盃1・三本盃
9:00 第3回弓張撒与(境内)
撒与品・・多聞天弓張(4張)
9:20 ささらすり(堂内) ※参加者には記念品として御盃をいただけます
10:10 大鏡餅撒与(堂内)
10:10 御灰像撒与(堂内)
10:45 撒与品授与式(大祭本部)

いっぱい書きましたが、前夜祭のご祈祷は午後6時から8時くらい。大祭当日は、稚児行列や福餅を楽しむ方は午前8時30分からと覚え、夜の行事は午後5時からと頭に入れておいて、今年はお参りしようと思います。

 

アクセスは?

場所は、新潟県南魚沼市浦佐2495番地です。お問い合わせ先は、裸押合大祭委員会025-777-3773です。JR上越線「浦佐駅」西口より徒歩で5分 ※道には所々案内が出ているためわかりやすいです。関越自動車道「小出IC」または「六日町IC」より国道17号経由、車で約15分
駐車場は普通車:800台で、大型車:20台で、料金は無料です。

 

まとめ

近くに国際大学があることからも外国人の方の参加も多くみられます。地元の中学生や学校の先生も参加されているようでした。一般参加可能ですのでご興味のある男子・男性はご参加いただけます。衣装(白いパンツ・半たこ・晒・白足袋・わらじ)が必要ですので。地元商店にて一式販売あり、更衣室ありです。

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

関連記事

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ、2018年は?駐車場は?

  スポンサーリンク 1978年に福岡県甘木市で開かれたバルーンフェスタin 九州という小さい規模のバルーンミーティングが始まりです。1980年から佐賀平野に会場を移し、佐賀の熱気球大会が開 …

熊谷花火大会はやっぱり前売り買う?穴場は?私は…

  スポンサーリンク 親戚の姉の嫁ぎ先です。毎年遊びに行っています。我が家の夏の風物詩です。熊谷といえば花火大会。特に青年会とか地元小学校などのお囃子クラブの子は、このイベントのために1年が …

西武庫公園 ハーベストフリーマーケットはいつ?4月?11月?

スポンサーリンク このお祭りの敷地は元々は地域住民の方の交通意識の向上を目的に作られた施設で、商用の施設ではなく、勉強をする施設でしたが、2000年を過ぎた辺りから一部を期間限定で地域住民の方のフリー …

日立建機フェスティバル、2019年はいつ?どんな感じ?

  スポンサーリンク 近所なので、昔から当日になると朝から人が向上へ向かって歩いているのを見かけたり、新聞などと一緒にお祭りのお知らせなどが入ってくることがあったので、気になって行ってみたこ …

ろうそく地蔵尊という奇、毎年8月に行われるんです。

  スポンサーリンク   8月の後半、夏休みも残りわずかとなったこの時期に数千本のろうそくの炎が地蔵を包み込みます。この祭りは江戸時代から300年余り続いています。ろうそく地蔵尊と …