tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

蓬平温泉、人気旅館は日帰りは?アクセスは??

新潟県は森林と山が多く、ありとあらゆる温泉で紅葉が楽しめます。多くの施設が絶景をバックとした露天風呂を持っているのも、大きな魅力です。その中で「蓬平(よもぎひら)温泉」は隠れ宿的存在です。

スポンサーリンク

 蓬平温泉の人気旅館は?日帰りは?

新潟県中越地方の山の中にあります。春の桜、秋の紅葉、どちらも絶景で、初めて訪れた人はもちろんのこと、地元新潟県人でさえもリピーターになってしまうほどの美しい山里です。紅葉が楽しめる時期は、10月下旬から11月中旬頃まで美しいのです。

11月下旬も紅葉は残っていますが、新潟県中越地方はすでに積雪がある可能性があります。タイヤ心配な方は、チェック大事ですね。旅館は…和泉屋(いずみや)旅館にお邪魔しました。基本的に宿泊での温泉利用はもちろん、日帰りでの利用もできますが、予約が必要になります。

日帰りは個室を10名以上で予約できることになっています。ですが、電話で交渉して8名で利用したことがあります。お伺いを立てれば、ご対応いただけることもあるので、ご相談してみるのも大事なことです。大自然の有名宿で働くスタッフさんたちは、皆さん腰が低く、また融通が利きます。

 

 蓬平温泉、人気旅館の湯質は?

和泉屋旅館のお湯は、まるで化粧水のようにうっすらと白く、とろんとろんした湯質が特徴です。お湯から出ると、まるで頭から足先まで、全体に膜が張ったかのようにうるおいます。新潟県中越地方の女性に大人気のお湯で、早めに予約しないと宿泊・日帰りともに満杯になってしまいます。

「とにかくお湯の質がいい!」「肌がつるんつるんになる!」という理由で、何度でも足を運びたくなること必至です。和泉屋旅館は、山の傾斜に建てられた温泉旅館ですので、まわりは大自然です。目に入ってくるものは、岸壁、壮大な緑、川、空だけです。露店風呂からはもちろん、旅館内の窓からも絶景が見られます。

和泉屋温泉は長らく愛されてきた宿ですが、15年前の「中越大震災」でかなりひどい被害を受けました。しかし、ファンが多いことから閉鎖はせず、和泉屋の女将が全力でリニューアルオープンしたことで有名です。リニューアルしてからは、ますます人気宿になり、休日前と休日はなかなか予約が取れません。駐車場での対応も良く、雨や雪の日には傘でお迎えに出てきてくれることもあります。

 

 あの動物とも会える?

玄関口には大きな池があり、小千谷市や堀之内など、新潟県中越地方の名物「鯉」がたくさん泳いでいます。また、山古志村へのアクセスが良いので、和泉屋を利用したときには山古志にドライブに行くお客さまが多いようです。山古志はなんといっても日本の原風景、「棚田」が見事です。

スポンサーリンク

よくぞこれほどの斜径の厳しい土地に、田んぼを造ったものだと感動することでしょう。他には、山古志名物「闘牛」、村の人々が観光のために飼っている「アルパカ」が有名です。アルパカは、中越大震災の後、アメリカコロラド州からプレゼントされました。

寒さに強いため、豪雪地帯山古志村でも元気にすくすくと育ち、子孫がたくさん増えています。アルパカは大きな目で可愛く、また人懐っこいので、観光者が気軽に触れ合える動物です。アルパカへの餌付けは、特に子どもさんに大人気です。

餌は、隣接された小さな商店で売られている、キャベツや白菜等、山古志村で採れた野菜を買って食べさせます。この餌の代金は、アルパカを飼っていくための大切な資金になっています。土産物としては、新潟県中越地方の名産が多く取り揃えられています。秋であればキノコ類やくるみ等がたくさんあります。

新潟県産のキノコやイモ類を使った、「けんちん汁」の缶詰めも人気の商品です。山古志のアルパカのぬいぐるみや靴下、トキ(という鳥)の茶菓子等が子供さんに人気です。注意点としましては、新潟県は全体的に関東圏等の都心部と比べて気温が低いです。特に中越地方、その中でも蓬平や山古志は、冬が最も早く訪れる場所ですので、お出かけの際には普段よりも1枚多めに洋服を持っていくのが無難です。

 

アクセスは?

高速は関越自動車道、「小千谷IC」か「長岡IC」で下ります。そこから車で40分程度。新幹線なら、上越新幹線「長岡」下車です。和泉屋旅館は大小のバスを持っているので、ある程度の人数であれば送迎してくれます。自動車で伺う方は問題ありませんが、電車手段の方は、旅館から出発する駅までの送迎バスの時間が10時だったり、ご自身の希望チェックアウトの時間と合うか、など、旅行する者としてチェックしておきましょう。

タクシーだと4000円くらいかかりますかね。詳しくは予約前に和泉屋のスタッフに聞いておくと安心です。大湯温泉 湯元庄屋 和泉屋旅館は、新潟県魚沼市大湯温泉298です。電話は、025-795-2031

 

まとめ

和泉屋旅館の大浴場はもちろん源泉100%かけ流し。紅葉も美しく、地元農家より直買いの美味しい魚沼産コシヒカリを頂くことができること、お伝えしましたが、実は、ペット同伴可能なんです。小動物であれば、問題なし!

小型室内犬、それに猫も可能だそうです。ですが…躾ができている事が条件ですよね、もちろん。動物愛護者としては当たり前のことです。マナーを守って、ちゃんと予約しましょう。動物連れて訪れる際は、予約は必須です。他の方に対して、旅館に対してのマナーですものね。

スポンサーリンク

-温泉
-, ,

関連記事

城崎温泉の外湯?移動は?世界の豊岡って?

  スポンサーリンク 2018年8月下旬、一泊二日の日程で彼女と城崎温泉に行きました。城崎温泉は外湯を売りにしていて、お客様の外湯めぐりを促すために、周辺のホテルには大浴場を作ってはいけない …

箱根の吉池旅館は日帰りも楽しめる?紫陽花はいつ?周辺で楽しめる?

スポンサーリンク 毎年6月下旬に箱根に家族旅行で行っていました。今年は残念な思いで断念しました。毎年楽しみにしている私たちの癒しの旅館をご紹介します。 スポンサーリンク 関連

湯西川温泉のおやど湯の季で日本満喫。

スポンサーリンク 2017年の11月に湯西川温泉へ1泊で行きました。私と夫と私の両親の4人旅です。私たちの宿泊した温泉宿は、夕食と朝食がついて一人8700円くらいでした。部屋は和室8畳以上あり、ゆった …

鬼怒川温泉、日帰りで楽しむには?車?特急? 

スポンサーリンク 東京の奥座敷とも言われる栃木県日光市にある鬼怒川温泉に行きました。最近、訪れた時期は2018年3月でまだ桜の季節には早かったです。どこか季節が春に移り変わって行く雰囲気が感じ取られま …

対岳荘の日帰り温泉お得に、お肌しっとり。初夏も堪能

スポンサーリンク 険しい山々を間近に見ながら目の前に次々現れるカーブにハンドルを取られない様、神経を集中させながら旧東海道を登り降りする事になる箱根の山中。まさに天下の険というに相応しい風景ですが、そ …