tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

北のたまゆら桑園店は、日帰りで人気。手ぶらで?タオルは?

 

私がゆっくり出来た温泉は、札幌市中央区にある「北のたまゆら桑園店」です。札幌市となっていますが、実際にあるのは桑園駅の近くです。季節は2018年の5月とまだ少し肌寒い頃でした。混むことを考えて、午前中に行きました。

スポンサーリンク

手ぶらで?タオルは?

大人440円、子供140円、更には幼児は無料というとてもリーズナブルな金額です。日帰り温泉としてとても人気がある所なので、観光客の人もいますが、多くは地元の人です。天然温泉はもちろんですが、ジェット風呂、露天風呂、それにサウナもあります。

それに、フードコートやゲームコーナー、そして喫煙室も完備していますので、老若男女が楽しめる温泉です。” “なんといっても、脱衣場が広いんです。その日は殆どお客さんがいなく、脱衣場にも二人ぐらいしかいなかったので、なんだか貸しきり気分でした。

でも、友人と少し大きな声で話していたら、年配のご婦人から「静かに」と注意されてしまい、少し恥ずかしい気持ちになりました。シャンプーやリンスは自由に使えるので、手ぶらで行けるのが魅力的です。

そして、洗い場がとても広いので、あまり周囲を気にせずに体を洗う事が出来ました。タオルは、レンタルがあるので、本当に手ぶらで大丈夫。バスタオルは確か150円くらい。フェイスタオルは130円くらいでした。もし、違っていたらごめんなさい。

私はタオルを持参だったので(笑)。露天はとても気持ちが良い!んですが、線路が近くにあるので、度々汽車の音がします。友人と会話をしている途中だったりして、何度も聞き直しました。私は割と好きですが、友達はうるさいねって言ってました。ま、響きますし(笑)。

それより個人的には、ちょっとお湯が塩素の匂いがキツかったというのが少し残念です。画像はイメージです。

 

美味しいのは?お土産は?

なぜ「北のたまゆら」という名前なのかというと、清らかな勾玉が互いに触れ合う時のかすかな一瞬の響きを表しているそうです。食事が出来るスペースもあって、私はここでラーメンを食べるのが好きなんです。

スポンサーリンク

昔ながらのとてもシンプルなラーメンなんですが、食べると子供の頃を思い出すんです。他にももちろん麺類から丼もの、それにデザートととても充実していますので、小さい子からお年寄りまで幅広く楽しめます。それに、この温泉がある桑園駅は札幌駅のお隣です。

美味しいお土産も豊富です。おすすめなのは、札幌駅の中に入っている「わかさいも本舗」というお店です。道民はとにかくこの「わかさいも」が大好きです。修学旅行のお土産には必ず買っていくというぐらいです。

 

アクセスは?駐車場は?

この「北のたまゆら」に行く時には、私はいつもJRで行きます。車で行っても良いのですが、「北のたまゆら」の場合は、JRの方がとても簡単です。まず、桑園は函館本線を利用します。札幌駅を通りすぎてすぐの所ですので、分かりやすいと思います。

函館から汽車に乗った場合は、汽車で4時間ほどかかります。最近は新幹線の影響で、函館方面から来るお客さんもグッと増えました。新千歳空港からいらした場合は、札幌から乗り換えても行けますし、レンタカーを借りて道央自動車道を使えば、一時間半もすれば着きます。

「北のたまゆら」は、桑園駅から徒歩で10分ぐらいなので、すぐです。広い駐車場を完備していますので、車で来ても大丈夫です。

 

まとめ

「北のたまゆら」は、観光地にあるような決して派手な温泉ではありません。来店する人も地元の人や道内の人が多いので、温泉というよりは銭湯というイメージを感じるかもしれませんが、逆に地元ならではの空気を感じる事が出来ると思います。

私も、疲れた時にはこの「北のたまゆら」でのんびりする事を楽しみにしています。時おり観光で訪れた人も来ていて、短い交流ですが会話をした事があります。

時には、静かにのんびり過ごしたいという時や、癒されたいという時には、この「北のたまゆら」はとても良い温泉ですし、近くには商業施設も多いので、帰りに寄り北海道のお土産を購入するというのも良いと思います。

都会の近くにありながら癒しの空間が得られるというのは、ちょっと贅沢な生活をしている気がします。土日は平日よりは混んでいますが、それでも中がとても広いので混みすぎているという感じはしませんので、連休などに訪れるのも良いと思います。

スポンサーリンク

-温泉
-, ,

関連記事

千葉県大洗にある潮騒ぎの湯は毎年楽しみ

スポンサーリンク 私が楽しんだ温泉施設は、千葉県大洗にある温泉施設です。この場所は、毎年10月に恒例に行っている場所です。温泉施設の名前は「潮騒ぎの湯」になります。毎年日帰りの温泉として重宝して役に立 …

万座温泉は宿泊でも日帰りでも楽しめる。効能は?アクセスは?

群馬県の北側、長野県との県境にある万座(まんざ)温泉は、四季を通して美しい自然と温泉の効能、どちらも楽しめるところです。標高1800mに位置する高原に位置しており、紅葉は10月上旬に始まり、中旬にはピ …

層雲峡温泉に行ってきました。お安いプランは?道民割ってご存知ですか?

スポンサーリンク   層雲峡温泉は、大雪山のふもと、層雲峡の渓谷に位置しています。2018年の5月下旬に、家族3人で北海道の層雲峡温泉に行きました。連休や紅葉シーズンなど繁忙期ではないことや …

小さな旅川越温泉をお得に楽しむには?アクセスは?

  スポンサーリンク 小さな旅川越温泉に引っ越しする前に行ってきました。ハローワークの近くにある、川越市にあるスーパー銭湯風の日帰り温泉施設です。 スポンサーリンク 関連

カムイワッカ湯の滝で夏から秋を満喫。

  スポンサーリンク 北海道の世界遺産 知床半島にある秘境の湯をご紹介します。「湯の滝」の名の通り 温泉が流れる滝や川を歩いて楽しむ場所 です 。ここは、10月下旬から紅葉も色づきます。紅葉 …