tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

四万温泉ひなたみ館は食事も最高。冬はもっと最高

群馬県の四万温泉に去年の2月上旬に行きました。旅館は一人2万円程度、温泉利用料は大体700~1000円前後でしたが、中には無料の所もあります。 旅館の温泉も良いですが、なんといっても四万温泉の醍醐味は5箇所ある外湯だと思います。大自然の中にあり、ほぼ外なんじゃないか!?と思うような露天風呂ですが、その解放感がたまらなく気持ちいいんです。

スポンサーリンク

食事も非常に美味しい

群馬の奥地にあるので、冬休みのシーズンでも人は割と少ないです。大自然の中でお風呂に入っている気分になるので、テレビで見るような山奥にある秘湯感を味わう事ができます。また、私が行った際は雪が降っており、深々と降る雪の中温かいお湯につかっている事の幸せたるや、、、もちろん入る時と出るときは極寒ですが(笑)、個人的には冬に行く事をお勧めしま

す!また、もう一つの四万温泉スポットの楽しみ方として、お酒とご飯がおいしかった!という印象があります。私が行った際は「ひなたみ館」という宿にお世話になりました。宿はまた山奥にあり、最寄り駅からバスを使い、送迎車を使い、、、しかしそこまで苦労してでも行く価値はあります。山奥にあるとは思えないほどきれいな宿です。送迎は宿の女将さんがしてく

れるのですが、車の中では楽しくお話させて頂きました。忘れてはいけないのが、館内にある3つのお風呂、全て無料で貸し切ることができるのです。ご家族はもちろん、友人同士だけ、でも楽しむことができます。はそしてご飯ですが、部屋で食べきれないほどの量の日本食が出てきます。一番印象に残っているのは石焼のステーキで、群馬でとれた岩塩?とつけて頂きま

した。また、お酒は「大盃」という地酒を頂きました。群馬以外でも売っている有名なお酒ですが、非常においしく感じました。旅館の温泉に入った後は部屋に戻ってまたおいしいお酒を頂く、、、気持ちいい温泉と風呂上がりの地酒、もう言う事ないですね。四万温泉周辺の宿はチェックアウトが遅い所が多かったです。秘湯でゆったりし、おいしい地酒を飲み、ゆっくりと帰ってくるには非常におすすめのスポットです!

スポンサーリンク

 

お土産は、美味しいまくら?

四万温泉のお土産で有名なものに、「夢まくら」と呼ばれるものがあります。おもしろい名前ですが、決してまくらではなく、立派なお菓子です。もちもちの生地にクルミいりのあんこが包まれています。また、ゆず餡のものもあり、こちらはさっぱりとした味わいでおすすめです。見た目は確かに枕のようでかわいく、ネーミングもあって受けは間違いないとおもいま

す。もちもちでおいしく、私の四万温泉に行ったときのひそかな楽しみでもあります。(現地でお土産を買って、現地で食べてしまいます 笑)あと暫くしてから知ったのですが、四万温泉の名前の由来は「四万(よんまん)の病を癒す霊泉」である、という所からきているそうです。何でも源頼光の家臣の日向守碓氷貞光が四万の地に訪れた際に、突然現れた子供が「汝が読経の

誠心に感じて四万「よんまん」の病悩を治する霊泉を授ける。我はこの山の神霊なり。」と伝えたそうで、その直後、貞光が目を覚ますと湧き出る温泉があったそうです。こうして貞光はこの温泉を「四万温泉」と名付けたそうです。あくまで伝説ではありますが、何も知らずに入浴するよりも体によく効きそうな気がしてきます。

 

アクセスは?

電車で行くにはJR高崎駅まで行き、そこから路線バスで30分程言ったところに温泉地があります。私が利用した宿はそこからさらに送迎車で10分という所で、非常に奥地にありました。私は車の運転ができないので、やむを得ず電車で行っていますが、できるのであれば車の方が行きやすいかと思います。とは言え山道であることに間違いはないので、ある程度車の運

転が慣れている方が宜しいかと思います。旅館の駐車場は無料で使用可能ですし、予約もいらないそうです。あなたはどのように行かれますか?

 

まとめ

群馬というと草津温泉を始めとした、より有名な温泉はいくつかあるかと思いますが、知る人ぞ知る秘湯、という所で四万温泉は非常におすすめです。交通の便は悪いですが、おいしいご飯、お酒、温泉と楽しめるポイントは非常に多いです。また、アニメ映画での舞台になった場所。雰囲気も味わえます。ゆったりとした温泉旅行を求める方はお好きですね、私含めて(笑)。

スポンサーリンク

-温泉
-,

関連記事

千葉の季粋の宿紋屋は日本で初めて。赤ちゃんに、マタニティに優しい

  スポンサーリンク 昨年7月、千葉県南房総市にある、「」で一泊しました。館内は、古いですが、お香の良い香りが漂っていて、客は小さい子を連れた家族ばかりでした。受付の順番を待っている間、お茶 …

武田尾温泉紅葉舘を日帰りで楽しむには?

スポンサーリンク こちらの旅館は私は他の周辺施設へ行く際に中継地点として使用させてもらいました。紅葉している清荒神清澄寺に行く際に使用をしました。清荒神清澄寺に安全祈願のお参りとお守りを受け取りに行っ …

金太郎温泉は日帰りでもTHE温泉を楽しめる。

私が住む地元魚津市の金太郎温泉には、年に数回行っています。といっても、私の場合は泊まりではなく日帰り温泉です。銭湯感覚で入浴のみのこともありますし、町内会や会社関係の新年宴会に行くこともあります。旅館 …

北海道の駒温泉は日帰りでゆったり。

スポンサーリンク   とにかく秘湯というイメージがぴったりの温泉です。湖と水位と露天風呂の水位が連動します。季節によってはかなりお湯が少なめになることもありますが、これもまた天然温泉ならでは …

赤川温泉の赤川荘は日帰りそれとも宿泊?効能は?アクセスは?

スポンサーリンク   大分県竹田市久住高原にある赤川温泉、赤川荘に行ってきました。この温泉は秘湯と呼ばれる冷泉25℃で全国的に有名だそうです。紅葉にはまだ少し早い9月でしたが、11月頃には綺 …