tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

イベント

天野喜孝さんのファンタジーアート展に行ってきました。


ファイナルファンタジーシリーズの作画としても知られ、国際的な人気のあるアーティスト天野喜孝と彼の息子であり、現在アーティストとして活動している天野弓彦の合同展示イベントです。二人の作品を同時に見れるイベントはなかなかないと思います。

スポンサーリンク

親子展示で楽しめる

未公開原画を展示はもちろんのこと、それぞれの活動初期作品も展示されました。今回は、展示だけでなく作品の販売、そしてグッズの販売も行われていました。会場は大阪メトロ「心斎橋」駅7番出口から歩いて1分もかからない場所にあります。

2019年2月1日(金)~5日(火)10:30 ~ 19:00
1日は14:00から最終日は18:00まで、でした。

エレベーターを上がると、大きなパネルが3点置かれていました。全て天野喜孝さんの作品でした。webから予約すると、オリジナルクリアファイルもしくはポストカードがもらえるというキャンペーンも行われいました。ただ、予約なしでもポスターがもらえます。まず、入ってすぐに見れるのは息子さんの弓彦

さんの作品です。お父さんの天野善孝さんにタッチが似ている雰囲気がありました。奥に進むと、天野喜孝さんの作品が数多く展示されていました。スタッフの方とファイナルファンタジーシリーズについて話をしている人もいて、美術館で鑑賞するよりも賑わった雰囲気がありました。また、漆塗りの作品もあ

ったり、ここでしかみることのできない限定の作品も数多くありました。見どころは、やはり天野喜孝の息子、弓彦さんの作品が見れるところかなと思います。他の展示会では一緒に観ることができません。また、今回の展示イベントでは、天野喜孝の「パーティー」と天野弓彦の「神楽シリーズ」が新作として

お披露目されました。ファイナルファンタジーのイメージが強い天野喜孝さんですが、NHKで放送された「やさいのようせい」の作品や、タイムボカンシリーズの作品も数点置かれていました。全く知らない人もその魅力が伝わるよう

な展示だった思います。また入り口近くではグッズの販売が行われていました。ポスターやマグカップ、ポストカードセットやマグネットなど、オリジナルグッズが置かれていて、こちらもかなり賑わっていました。

 

今はどこ?

天野喜孝&弓彦さんの展覧会は、2019年日本中回ります。

広島産業会館 西館 第1展示場
2/8(金) → 2/11(月祝) 10:00 ~ 18:00 (初日は14:00から)

スポンサーリンク

さいたまスーパーアリーナ TOIRO
2/22(金) → 2/25(月) 10:30 ~ 19:00 (初日は14:00から 最終日は18:00まで)

福島 ビッグパレットふくしま 1F 多目的展示ホールA
2/8(金) → 2/11(月祝) 10:00 ~ 18:00 (初日は14:00から)

島根 くにびきメッセ 1F 小ホール
2/15(金) → 2/18(月) 10:00 ~ 18:00 (初日は14:00から)

宮崎 宮交シティ 3F 紫陽花ホール
2/15(金) → 2/18(月) 10:00 ~ 18:00 (初日は14:00から)

高知市文化プラザかるぽーと 7F 市民ギャラリー 第2展示室
2/22(金) → 2/24(日) 10:00 ~ 18:00 (初日は12:00から)

 

アクセスは?

大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目4番5号 御堂筋ビル9階
0120-78-7601 (09:00~17:00)、土日祝日定休
大阪メトロ・「心斎橋」駅7番出口から徒歩1分程度。駐車場は御堂筋ビルに用意があります。
料金は30分300円で、1日最大1,900円となっています。
朝8時から夜0時までの営業となっているので、開催中は停めておくことができます。臨時バスなどはないので、電車もしくは車で行くようになると思います。駅からも近くて、アクセスはとてもしやすかったです。

 

まとめ

また入場料が無料なので、誰でも入りやすいようになっていました。来ていた方は、やはりファンの方が多かったように思います。作品自体の販売も行っていたので、実際に購入されている人もいました。スタッフの方も気さくに話しかけてくるので、作品の裏話や、ゲームについて聞いている人も多かったように感じました。美術館で鑑賞するよりも、みんなでわいわい楽しく観るという雰囲気があってよかったと思います。入場特典もあったので、嬉しかったです。私はFacebookでこのイベントを知り訪れました。その際にweb予約をしたので、通常特典と共にクリアファイルもいただきました。web予約は開催期間中であればいつでも来場OKで、訪れた時に受付で予約番号を告げる形でした。

受け付けでは、簡単なアンケートを記入しました。性別、年代、このようなイベントへの来場回数だったと思います。これは代表者のみで、一緒に行った夫は特に聞かれませんでした。美術館へ行くことはよくあるのですが、美術館とは少し違う雰囲気が味わえたと思います。会場自体はそれほど広くなく、30分くらいで見終わります。ふらっと寄っても良いし、じっくり鑑賞してもいい気がします。ちなみに、画像はイメージです。

スポンサーリンク

-イベント
-,

関連記事

吹田まつり、2019年はいつ?大人にはほかにも楽しい?

スポンサーリンク 吹田まつりは吹田市が主催する地域のお祭りです。歴史は古く、2018年で49回目を数えます(2018年は残念ながら台風で中止)。地域の振興、活性を目的とし、各自治会、子供会の他、地元商 …

越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭は日本三大奇祭の一つ

  スポンサーリンク 江戸時代のベストセラー「北越雪譜」にも記載されたとても歴史のあるお祭りです。日本三大奇祭の一つと言われ、平成16年に文化庁より「記録作成等の措置をすべき無形の民族文化財 …

いぜな尚円王まつり、2019年はいつ?以前行った時、楽しかったので。

スポンサーリンク 2013年と2015年の二回、8月中旬に参加しました。主人が趣味仲間に誘われて、何度か参加して楽しんだ様子を聞きました。ですからその後に主人が趣味仲間と一緒に行く時に私も一緒に行きま …

旭川冬まつりに去年行って楽しかった感想です。2020年は?

本州から、道北の街に転居してきて、初めてこの祭りの話を聞き、興味を持ちました。最初は、「さっぽろ雪まつり」は、知っているけど、「旭川冬まつり」って何、って感じでした。話を聞いても、私の印象としては、雪 …

弥生夏祭りは毎年いつ?楽しみの屋台は?駐車場は?

スポンサーリンク 弥生夏祭りは、博多区の板付で行われている大きなお祭りで夏の風物詩の1つです。板付地区には、歴史的に有名な遺跡があります。板付遺跡(いたづけいせき)は、福岡市博多区板付にある縄文時代晩 …