tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

イベント

愛知県津島市の津島神社の祭りは7月です。

 

 

天王祭は愛知県津島市の津島神社の祭りで、津島神社近くの天王川公園で7月第4土曜の夜に開催されます。信長が愛した祭りということでドラマや漫画で取り上げられているので興味を持ち行きました。

スポンサーリンク

天王祭、津島神社へ歩いていくと

会場の天王川公園は名鉄の津島という駅で降りて行くとよいとのことだったので、津島市の中でも津島という名前の駅がある場所ということは津島市の中心なのだろうなと思っていました。

行ってみると最寄りは津島駅と言えど、津島駅からかなり歩きました。しかし駅から天王川公園までの道にも夜店がたくさん並んでいて楽しかったです。

つい、道沿いの夜店で何回も立ち止まってしまい、到着に時間がかかってしまったほどです。電車も満員でしたが、津島駅から天王川公園に歩く道も人がいっぱいで、本当に大きな祭りなんだなあと思いました。

天王川公園に入る前に津島神社に寄りお参りしてきました。津島神社もとても歴史のある神社で立派なところでした。

 

天王祭であかだ屋を食べる

津島神社の入り口付近には、テレビで見たことのある老舗のお菓子屋さん「あかだ屋清七」さんがありました。あかだ屋清七さんは、「あかだ」と「くつわ」という名前のお菓子が有名で、くつわは江戸時代からあるそうですがあかだはそれ以前からあるそうです。

食べるのに苦労するほど固いことで有名です。あかだ清七さんからふたたび来た道へ戻り、反対側へ進むと天王川公園に着きます。

スポンサーリンク

 

天王祭の見どころは

天王祭の開催中は、人がたくさん向かう方向でもわかりますが、花火があがっているのでも天王川公園の方向がわかります。

ただ、花火は天王川公園の中で打ち上げているわけではないそうです。人が向かっている方についていくと、天王川公園ではなく津島神社に向かっていたとなることもあります。

天王川公園は、名前には川とついていますが池でした。昔は川だったようです。道路が川の堤防のようになっていて、天王川公園は道路から河川敷のようなところに降りた場所にあります。とても広い公園です。

夜店は駅からの道にあったのよりさらにたくさんありました。池の周りに夜店が立ち並んでいるのですべてを見て回ると池の周りを一周することになります。

夜店を見て回りながら花火を見ました。時間になると、まきわら船が登場しました。この祭りの目玉となるもので、堤下、米之座、今市場、筏場、下構という津島の村それぞれがまきわら船を出します。

船には半円形に365個、その上に縦に12個の提灯がついていてそれに灯がともされとても美しいです。信長が愛したというのもわかります。土曜の夜の宵祭というのに行きましたが、翌朝に行われる朝祭もあるそうです。

 

天王祭

会場:愛知県津島市片町2丁目62
電話:津島市・観光協会 0567-28-8051

スポンサーリンク

-イベント
-, , ,

関連記事

ライトアッププロムナード・なら、2019はいつから?聞いてみました。

  スポンサーリンク 彼氏(現在の旦那さん)に誘われて行きました。世界遺産や歴史的建造物を美しくライトアップし、古の夜を散策してもらおうという狙いから開催されています。「ライトアッププロムナ …

築地本願寺の盆踊りは気軽に身軽に異文化交流

スポンサーリンク 築地本願寺の盆踊りは、2017年で第70回、今年は71回目を迎える歴史ある盆踊りです。地元の人々や門徒の方々が築地本願寺に集い、赤い光をともした提灯の下、やぐらを囲んで踊ります。模擬 …

匂坂下コミュニティー祭典は金曜?日曜?いつ楽しむ?拾えるかな?

スポンサーリンク お祭りが始まったのは明治6年頃で、元々は浜松祭りの影響で子供の誕生を祝う祭りであったようだが、昭和になった頃から秋祭りになり豊作を祝う物になっていった。近年では、農家の件数も減り目的 …

越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭は日本三大奇祭の一つ

  スポンサーリンク 江戸時代のベストセラー「北越雪譜」にも記載されたとても歴史のあるお祭りです。日本三大奇祭の一つと言われ、平成16年に文化庁より「記録作成等の措置をすべき無形の民族文化財 …

茂原七夕まつり2019年はいつ?願い事をかなえよう。

  茂原市の歴史は旧石器時代に遡ります。今も続いている曜日市「六齊市」は江戸幕府が開かれる頃から受け継がれているものです。茂原の地名の由来は藻原で、江戸時代には多くの湿地や沼が散在していまし …