tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

温泉津温泉でゆっくり味わうノスタルジック

 

3月9日に、大学の卒業旅行一人旅で島根県太田市にある温泉津温泉に行きました。広島の三次から三江線に乗って島根の江津駅に15時ごろにつきました。江津駅で乗り換えて20分ほど最寄りの温泉津駅に到着しました。そのあとバスで5分ほどで温泉津温泉街に到着しました。

スポンサーリンク

 一人旅でタイムトリップ

今回は温泉津温泉の薬師湯に入浴しました。薬師湯の入浴時間は土日祝は午前6時30分から午後9時、平日は午前8時から午後9時です。温泉の入浴料金は大人350円、子供200円(1歳~小学6年生)です。そのあとカフェで「自家製 内蔵丞カレー」を食べました。800円でした。

他にも40分の貸切湯などもありました。温泉津温泉の「薬師湯」に入りました。「薬師湯」の魅力は何といっても日本温泉協会に認められた最高級の天然温泉であることです。日本温泉協会の審査全項目で最高評価のオール5を取っています。

薬師湯の源泉は地下2~3mの自然湧出で、その温度は約46度といわれています。この温度は中国の医療の温泉療法と同じ温度であるといわれています。実際に入ってみるとものすごく熱かったので、のぼせないように数分おきに湯船から出て入ってを繰り返していました。

湯船から出ると実際に肌がすべすべになっていました。これは薬師湯の湯質が、お肌に優しいためです。温泉から上がるときは温泉の成分を体に残してから上がるほうが高い温泉効果が望めるといわれています。温泉から出てから、建物の屋上のガーデンテラスに行きました。

ガーデンテラスから見る、温泉津温泉の赤い瓦の街並みを見ると大正時代にタイムスリップしたような気分になりました。コーヒーを飲みながらゆったりとできるスポットです。

 

 一段と味わうなら?

温泉津温泉は、国重要伝統的建造物群保存地区、世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」に含まれる世界遺産の温泉地です。温泉の歴史は平安時代までさかのぼります。平安時代の辞典『倭名類聚抄』によると石見国邇摩郡に「温泉」という地名があげられてます。

スポンサーリンク

そして古くから温泉が湧いて、日本海を一望できる入り江は天然の港になり、「温泉津」と呼ばれる地名になったといわれています。16世紀になると、石見銀山が見つかり、開発されることで、温泉津は銀の積み出し港になりました。そのあと温泉街は銀山で働く人の憩いの場所としてにぎわい発展しました。

温泉はもともと古代からの自然湧出泉源「元湯」だけでした。1872年の浜田地震によって湯量が増えたことで、町の庄屋を務めていた内藤家が温泉経営を始めました。彼はもともと薬師湯の更衣室だった建物をレトロでモダンなカフェとギャラリーに改装しました。

現在はカフェ「震湯カフェ内蔵丞」になっています。このカフェでは、イタリアンコーヒーから江戸時代の奉行飯、季節の野菜を温泉の源泉で蒸した「野菜蒸し」、自家製カレーなどの食事を楽しむことが出来ます。食事はインスタ映えにももってこいだと思います。建物の中にはオルゴールなどのアンティークがたくさんあり、ノスタルジックな気分になりました。

 

 アクセスは?

温泉津温泉はJR西日本温泉津駅からバスで5分ほど、距離は1kmほどでした。バスは島根県太田市のコミュニティバスで140円で乗ることが出来ました。このバスは1時間に1本ほどしかないので、温泉津温泉に行かれる際には時刻表をネットなどで調べてから行けばよかったと思いました。バスは温泉津駅を降りるとすぐのところに止まっています。また駅にもバスの時刻表が載っています。

 

 まとめ

今回は滞在時間が1時間ほどで、夜のライトアップの温泉街を見ることが出来ませんでしたが、次回は旅館に泊まってみたいと思いました。また石見地方に伝わる石見神楽と呼ばれる神事が温泉津温泉街で毎週土曜日に行われているので温泉津の文化をもっと深く知りたいと思いました。

 

スポンサーリンク

-温泉
-,

関連記事

大分県竹田市の長湯温泉のラムネ、ご存知ですか?

スポンサーリンク   大分県竹田市の長湯温泉へ、2018年9月下旬に久しぶりに行ってきました。長湯は炭酸泉が有名な温泉地です。土日はお客さんが多いので、待ち時間が2時間以上、なんて事もありま …

松亀荘は本当に安い?駐車場は?

スポンサーリンク 昨年末、大分県別府に行きました。古本屋で見つけた、天然温泉が健康にいいとかなんとか書いてある本を読んだことがきっかけで、最近行ってないなと疲れを取りに温泉旅行に行くことに。 スポンサ …

熱海梅園で紅葉。近くで日帰り温泉を楽しもう。

スポンサーリンク 温泉、露天風呂を楽しんだ場所は、熱海です。時期は、昨年の11月27日。時間は午前10時ごろに新幹線で熱海に到着して、紅葉散策を楽しみ、熱海駅近くの温泉に入って、夜7時ごろの帰りの新幹 …

箱根湯本温泉の泉質は?夏ならではの楽しみ方がある?

スポンサーリンク 東京都内から電車を利用して、約1時間半の近さにある温泉は、毎年の恒例イベント「箱根駅伝」が開かれる、神奈川県にある箱根湯本温泉です。オススメな理由は、新宿から乗り換え不要で交通アクセ …

鳴子温泉、日帰りも楽しめる、お土産は?

最近、訪れた温泉は地元でもある宮城県にある鳴子温泉でしたが、出発地は宮城県とは反対に海が面している新潟市内からでした。新潟市は実は今までに1回も訪れたことはなく、想像していたよりも街中が栄えていたのに …