tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

川治温泉祝い宿寿庵で、露天風呂付お部屋で楽しむ。観光は?

とても自然豊かで、美しい場所です。歴史感じる日本的な外観で、2013年7月にリニューアルしており、館内はとても過ごしやすく、綺麗です。ゆったりを満喫する、そんな旅でした。

スポンサーリンク

 露天風呂付のお部屋でゆったり満喫

2018年8時月上旬に、日光・鬼怒川温泉の近くにある、川治(かわじ)温泉に行きました。私が行ったのは真夏でしたが、秋になると紅葉が素晴らしいことが想像できるほど、美しいです。

宿泊先は「川治温泉 祝い宿 寿庵」という、とても縁起の良い名前の旅館で、全24室。お部屋はプランや広さにおよりますが、1泊2食付き・2名利用で一人20000円からです。

エントランス入るとすぐに、鶴の美しい金屏風が迎えてくれるので、ここでまずは写真を1枚撮りたくなります。到着してチェックインの時には、ロビーでお茶とお菓子をいただけます。

また温泉水でおとしたコーヒーをいただけます(有料)。私が宿泊したのは、露天風呂付のお部屋「祝華」です。

とにかく広くて、ゆったりとした空間で、部屋には自由に飲めるコーヒーも備わっていました。お茶やお水は、もちろん用意されえています。キラキラとしたゴージャスさではなく、落ち着いた空間の中に豪華さを感じることができます。

お部屋にも、華やか絵が描かれているふすまがあって、写真映えすること間違いなしです。旅館の方から、「景色はあまり良くない」と案内がありましたが、このふすまの画が癒してくれます。

そして、何よりもお風呂がとても素敵なんです。大きな湯舟に、温泉が湧き出ていて、ゆっくりお湯につかりたい方には、この部屋をおすすめします。シャワーブースも別に用意されていて、とても使い勝手良く、女子会などの利用もあるようです。

露店風呂と大浴場もあり、とても良いお湯でした。「子持ちの湯」と呼ばれていて、長く愛されているようです。宿の名前もお湯の効能も、とても縁起が良いです。川治温泉のお湯は、他にも美肌、冷え性、疲労回復などの効果があるようです。

そして、旅館での楽しみのひとつ、お料理もとても美味しいです。地元の季節の食材がふんだんに使われていて、いろいろなものを少しずつという、女子の希望を叶えてくれます。

お酒もいろいろな種類が用意されていて、たくさんの御猪口から好みのものを選ぶことができる、ちょっと嬉しいサービスもありました。

 

 観光は?

川治温泉は、日光や鬼怒川などの観光地から少し離れていることもあり、本当にゆっくりと静かに過ごすことができます。外国人観光客もまだまだ少なく、ほっこりできる隠れ家のような温泉地です。

スポンサーリンク

私たちはゆったり散策がいちばんやすらぎました。旅館から歩いて5分ほどで、鬼怒川沿いに出ることができます。遊歩道が整備されているので、少し早起きして、散歩するのにはぴったりの場所です。

10月下旬から、川沿いや山は紅葉して、素晴らしい景色になると思います。また、無料で入ることができる足湯スポットもあるので、タオルは持参して散策が良いですね。

龍王峡のハイキングもおすすめですが、ダム巡りもオススメです。川治・五十里ダムと川治ダムがあり、夕暮れ時には、沈む太陽がダムの水に反射する、とても美しく幻想的な風景を愉しむことができます。

まさに、インスタ映えスポットです。また、旅館のすぐ隣には、「川治温泉神社」があり、五穀豊穣、学業成就、開運、勝運にもご利益があると言われていますので、参拝は必須です。

 

 アクセスは?

最寄り駅の川治湯元駅には、お願いしておけば、駅まで車で迎えにきてくれます。ただ、駅にはコンビニも売店もないので、電車を待っている時間の暇つぶしはできないため、注意が必要です。

車の場合は、都内からは2時間半ほどですので、週末を使っての1泊2日の旅行にはぴったりです。

川治温泉 祝い宿 寿庵所在地: 〒321-2611 栃木県日光市川治温泉川治52
電話番号:0288-78-1101

池袋発スペーシアきぬがわ号で鬼怒川温泉まで約2時間5分。
大宮経由になります。鬼怒川温泉乗り換えで川治湯元へ快速で約20分で。

もしくは、浅草発東武スペーシアで鬼怒川温泉で、乗り換え。快速で川治湯元へ向かうと約2時間ちょっと。
浅草発はもう一つ手段があり、会津鬼怒川線直通快速で約3時間10分で川治湯元へ。

まとめると、東京・浅草駅から特急リバティでは約2時間半・片道1850円で到着します。1時間に2本と本数は多くありませんが、乗り換えなしで行くことができるので、アクセスは良いと思います。

 

まとめ

最近は、いろいろな温泉地に、たくさんの海外からの旅行客が増えています。とても嬉しいことで、どんどん魅力を発信してほしいという想いがある一方、静かに、ゆっくりと過ごしたいという気持ちも実は出てきます。

そんな日本の方には、おすすめで、ゆっくり過ごしていただける温泉だと思います。時を忘れて、ゆったりと過ごせる、素敵な空間です。Scaraboushkaさん、画像ありがとうございます。

スポンサーリンク

-温泉
-, ,

関連記事

上林温泉の塵表閣で初の混浴を試してみたい?

スポンサーリンク あまりポピュラーではありませんが、すごく魅力的な温泉、長野県の上林温泉に1泊2日で12月上旬に行ってきました。ここでは都会ではなかなかできないことが体験できるのでぜひ紹介したいと思い …

山水閣の紅葉は瞼の裏に残り、美味しいパン屋はあの頃の

  スポンサーリンク 1年間、那須温泉の旅館で仲居として働いていました。山水閣という旅館で本館の場合一泊の費用は15,000円から50,000円はかかります。温泉だけの利用だと時間制限ありま …

茶玻瑠温泉をお得は?お土産は?駐車場は?

スポンサーリンク   「茶玻瑠」は思い出の旅館。学生時代に、このホテルのフロントでバイトしたことがあり、家から30分もあれば行けるので、ちょくちょく利用しています。お高いので、ちょくちょくな …

東京お台場大江戸温泉物語は年中お祭り

スポンサーリンク   昨年の三月に、「東京お台場 大江戸温泉物語」に行って来ました。都心の新宿から、約30分ほど。日帰りで昼から夜まで楽しんで、運賃含め一万円もかからなかったです。ちなみに大 …

箱根の吉池旅館は日帰りも楽しめる?紫陽花はいつ?周辺で楽しめる?

スポンサーリンク 毎年6月下旬に箱根に家族旅行で行っていました。今年は残念な思いで断念しました。毎年楽しみにしている私たちの癒しの旅館をご紹介します。 スポンサーリンク 関連