tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

イベント

高円寺阿波踊り2019年の本大会いつ?浴衣姿で満喫しました。

友人からすごいと聞いていて、いつか行ってみたいと思っていました。都内に住んでいる身としては、高円寺というすぐに向かえる手軽さもポイントです。花火大会ほど腰が重くもならない、ちょうどいいイベントだと思います。今までなんで行かなかったんだ!と思うくらいいいイベントでした。近くに住んでいる方はもちろん、遠方から来ても疲れすぎずにライ

スポンサーリンク

2019年はいつ?楽しみ方は?

トに楽しめると思います。昭和32年から続く、歴史あるお祭り。2日間で約100万人が参加するとのこと。当時は白塗り化粧と浴衣姿だったそうで、阿波踊りとはかけ離れた見よう見まねの踊りをしていたようですね。そんなお祭りが今や、東京を代表する夏の風物詩。地元の小学生から郵便局員まで、様々な団体が切磋琢磨する一大イベントとなりました。歴史あ

るイベントでありながら、今も廃れずに活気が衰えないイベントというのは努力なしにはこうも続きません。当日はJR高円寺駅から出た瞬間から人、人、人の大混雑です。待ち合わせは大変なので、事前に場所を決めて置くのがベター。駅から出て、すぐに名物のすだちビールを売っているところがあるので、そこで一旦ビールをGETしてから好みのおつまみを求め

て練り歩き、食べ歩きしましょう。おすすめは串ものがやはり雰囲気が出ていいですね。メインの阿波踊りをしているエリアまで追いついたら、立ち止まって鑑賞。若い方からお年寄りまで、いろんな人が集まってきます。比較的、駅からしばらくはずっと出店が続き、非常に活気あるイベントです。阿波踊りの行列がくるところまで行く道中も楽しみながら歩くこ

とができます。また、出店だけでなく、スーパーも歩いているとちょこちょこあるので、チューハイやビールもお得にGETできるのがまたGOOD。阿波踊りをするみなさんと写真を撮れるスポットも用意されていて、インスタなどに載せたい方ももってこいのイベント。太鼓なんかも持たせてもらって、いい一夏の思い出になりました。ちなみに、阿波踊りイベント

スポンサーリンク

なので、あんまり浴衣姿の方は多くありませんでしたが、ちらほらはいらっしゃいました。私もなんとか夏の間にお気に入りの浴衣を着ておきたかったこともあり、浴衣姿で向かいましたが、そもそも阿波踊りをするみなさんは浴衣姿なので、浮くようなことはありません。是非鑑賞する側も浴衣を着込んで風情を楽しむのがおすすめ。阿波踊りは、推しの阿波踊り

連がいる方もいるようで、一定の連を応援するのもとても楽しいだろうなと思いますが、私のような初めて行くような見物客でも、迫力ある踊りに圧倒されてとてもいい時間になりました。少し駅から離れたポイントだと、傾斜があるので、下から数々の連が流れて降りてくるのを見るのがものすごくよかったですね。2019年の本大会は、8月24日(土)、25日(日)の予定です。

 

アクセスは?

会場は、東京都杉並区高円寺。お問い合わせは、03-3312-2728。
JR高円寺駅まで中央線で向かい、改札を出るとすぐにお祭りの雰囲気があるので、あとは流れに身を任せましょう。会場が駅から離れているとかではないので、向かう時のテンションをそのまま保ちながら会場入りが可能です。ただ、混雑は覚悟して臨みましょう。しかし、東京都内に住んでいる方にはアクセス良好な上、花火大会ほどの混雑ではないので、圧倒的におすすめなお祭りですね。

 

まとめ

見物マップなども紹介されていて、出演する連が一覧で紹介されているので、向かう電車に乗りながらでも目を通しておくといいかもしれません。カップルでも、友達同士でも、家族連れでも楽しめると思います。ひと夏の思い出に、一見の価値ありですよ。また、参加する側が非常に楽しそうなのもいいですね。あれだけ楽しそうに踊っていたら、カロリー消費も尋常ではなさそうです。

 

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

関連記事

旭川冬まつりに去年行って楽しかった感想です。2020年は?

本州から、道北の街に転居してきて、初めてこの祭りの話を聞き、興味を持ちました。最初は、「さっぽろ雪まつり」は、知っているけど、「旭川冬まつり」って何、って感じでした。話を聞いても、私の印象としては、雪 …

弥生夏祭りは毎年いつ?楽しみの屋台は?駐車場は?

スポンサーリンク 弥生夏祭りは、博多区の板付で行われている大きなお祭りで夏の風物詩の1つです。板付地区には、歴史的に有名な遺跡があります。板付遺跡(いたづけいせき)は、福岡市博多区板付にある縄文時代晩 …

筑波山からパワー、日の出でよりパワーアップ

  スポンサーリンク 日の出を山登りで楽しみたいなら、結構寒いですが、穴場スポットである筑波山での日の出を拝むと記憶に残る日の出が見られます。それは、何よりも筑波山から眺める太陽の登り具合が …

霊山神社春季例大祭は毎年いつ?舞を楽しむ

  建武の親政以降南朝側の北畠家を祭神とする神社です。北畠顕家が父親房と共に国府を霊山に移したが、その地で足利軍に破れ没しました。その後明治時代になって、健武の親政に尽力した事によって国府の …

くまもと春の植木市、行ってみました。毎年いつ?

熊本最大の植木市です。毎年盛大に広告されます。阿蘇の人間は肥後大津あたりの植木市を利用することも少なくありませんが、規模が全く違い、白川橋左岸緑地で開かれる植木市は、見渡す限り苗木や鉢植えの植物が並ん …