tanoshigoto.tokyo!

東京から、みなさまの経験したこと分かち合いたいので発信中。

温泉

千葉の季粋の宿紋屋は日本で初めて。赤ちゃんに、マタニティに優しい

 

昨年7月、千葉県南房総市にある、「」で一泊しました。館内は、古いですが、お香の良い香りが漂っていて、客は小さい子を連れた家族ばかりでした。受付の順番を待っている間、お茶を出していただけるのですが、そのお茶がノンカフェインというあたりに、マタニティや授乳中のお母さん、子供への配慮が感じられました。

スポンサーリンク

 千葉の季粋の宿紋屋は子供連れ大歓迎

ミキハウス子育て総研認定『ウェルカムベビーの宿』に選ばれた宿です。小さな子供連れでも安心のプランで、大人1名:16,200円、子供1名:3,564円(添い寝(布団無し)/食事つき)でした。

子供は添い寝、且つ食事がいらない場合は無料です。入浴税は大人1名:150円でした。我が家の場合、大人2名、子供2名(一人は布団と食事無しで無料)で宿泊して、36,264円でした。

客室に案内された時、スタッフから「一つだけお願いがあります。もし、お子様が障子を破いても、どうか怒らないでください。障子はどちらにしろ張り替えますし、好きなように遊ばせてください。」と言われて、心がほっこりしたことを覚えています。

親として嬉しかったのが、スタッフが子供の名前を覚えてくれて、廊下をすれ違うと「〇〇君と〇〇君、こんにちは」声をかけてくれたことです。夕食は、一家族ごとに、布で囲われた個室風の食事処でいただきました。布で囲われていたので、周囲を気にすることなく、授乳ができたので、助かりました。

驚いたのは、子供が左利きであることに気づいたスタッフの方が、「〇〇君は左利きなんだね」と言って、スプーンやフォークの位置を左側に直してくれて、次の日の朝食の際、食事処に行くと、最初からスプーンとフォークが左側に置かれていました。夕食時と朝食時ではスタッフが違うのに、そんなことまで連携が取れているのだな、と驚きました。

スポンサーリンク

 

 

 個室は赤ちゃんに、お母さんも助かる

お風呂は予約制の個室に入ることができました。(赤ちゃん連れプランの中に含まれていたサービスです。)床はタイルではなく畳になっていて、子供が滑って頭を打つ心配が無いので、安心です。又、家族で入ることができたので、私が体を洗っている間は、主人が子供を見てくれていたので安心でした。

又、お母さん向けにエステメニューもあります。申し込みをすると、指定の時間にエスティシャンが部屋まで迎えに来てくれて、別室でマッサージを受けることができます。チェックアウトの際に、旅館の前で写真を撮ろうとしていると、スタッフの方が出てきてくれて、家族写真を撮ってくれます。

子供を連れて温泉に行くと、迷惑をかけることがあるので、控えてしまいがちですが、子連れ歓迎を前面に出してくれている宿だったので、安心して楽しむことができました。宿泊後も、子供の誕生日が近くなると、お誕生日をお祝いしてくれる内容のお葉書をくださるので、ついついまた行きたくなります。

 

 

子供も大喜びする場所は?

こちらの旅館の目の前には海が広がっていて、手前にある岩の上には、ラバーズベンチと呼ばれるベンチが置いてあります。「晴れている日に、あのベンチに座って朝日、夕日を見ると綺麗なんです。」とスタッフの方が教えてくれました。

二日目の朝、ベンチの方に行ってみましたが、既にカップルが座っていたので、私たちは岩の下からベンチを見上げるだけでしたが、そこで遊んでいると、蟹や小さな魚が発見できたので、子供たちは喜んでいました。

旅館から少し歩くと、野島崎灯台があり、展望台まで上ることができます。そしてこの灯台の周辺には蚊が沢山いるので、虫よけは必須です。子供がそこの蚊に刺されて、水膨れになってしまうほど、ひどい腫れ方をしました。

雨上がり後や、日陰に入った時は特に注意しましょう。旅館まで車で向かいました。宿の駐車場に停めると、旅館のスタッフが荷物運びを手伝いに来てくれました。又、子供をチャイルドシートから降ろすのを手伝ってくれたりと、到着時から至れり尽くせりでした。

スポンサーリンク

-温泉
-, , ,

関連記事

北温泉は紅葉や星空も楽しめる。アクセスは?

スポンサーリンク 初秋の頃で、関東北部の山々は未だ紅葉前の時期でしたが、家族で揃って那須温泉と高原の旅、旅行に行きました。こちらは、どちらかといえば那須でも最も奥深いところで、奥那須温泉の「北温泉」と …

下呂温泉を無料で楽しもう

  岐阜の下呂温泉に12月中旬に行きました。寒さが深まりちらほらと雪もぱらつく中「日本三名泉」として有馬、草津、下呂と言われる日本でも指折りの温泉地です。下呂一帯は真ん中に通る飛騨川に沿って …

城埼温泉は7つの湯めぐりも楽しく、温泉街も楽しめる。アクセスは?

2016年の12月に、兵庫県北部に位置する城埼温泉へ家族で旅行出かけました。この温泉は、1400年の歴史があり日本でも知られる観光地になります。場所柄、冬場は雪が多く降る事が多いですが、旅情を感じれる …

東京お台場大江戸温泉物語は年中お祭り

スポンサーリンク   昨年の三月に、「東京お台場 大江戸温泉物語」に行って来ました。都心の新宿から、約30分ほど。日帰りで昼から夜まで楽しんで、運賃含め一万円もかからなかったです。ちなみに大 …

熱海梅園で紅葉。近くで日帰り温泉を楽しもう。

スポンサーリンク 温泉、露天風呂を楽しんだ場所は、熱海です。時期は、昨年の11月27日。時間は午前10時ごろに新幹線で熱海に到着して、紅葉散策を楽しみ、熱海駅近くの温泉に入って、夜7時ごろの帰りの新幹 …